記事詳細

通常国会召集 IR汚職、「桜を見る会」問題が焦点に

 第201通常国会が20日召集された。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件や、首相主催の「桜を見る会」をめぐるずさんな公文書管理の問題などが焦点。政治への信頼が問われるなか、野党は昨年10月に相次ぎ辞任した元閣僚2人らの公選法違反疑惑も含めて安倍政権を追及する。

 会期は6月17日までの150日間。翌18日の東京都知事選告示や、7月24日開幕の東京五輪を控えており、会期延長は困難だ。

 左派野党は、日本が原油の9割近くを中東に依存するなか、海上自衛隊の中東派遣にも反対している。日本経済や国民生活を守る現実的方法も注目されそうだ。