記事詳細

慶応大女子トイレ“盗撮被害”1000件超か 元塾長室秘書担当課長を逮捕

 名門・慶應義塾大学三田キャンパスの女子トイレで、大量の盗撮被害があった。これだけでも許しがたいが、隠しカメラを仕掛けていたのが犯行当時、塾長室秘書担当課長というご立派な肩書の人物だったというからあきれてしまう。

 警視庁生活安全特別捜査隊が東京都迷惑防止条例違反などの疑いで逮捕したのは、慶応大病院経営企画室課長、石原一章容疑者(49)。

 石原容疑者が慶大塾長室秘書担当課長だった2018年12月、東京都港区の慶大三田キャンパスの女子トイレに侵入して天井付近に隠しカメラを設置し、複数の女性を動画撮影した疑いがもたれている。

 警視庁によると、19年3月に女性職員がカメラに気付き、警視庁に相談。動画に石原容疑者が写っていたため自宅を家宅捜索したところ、パソコンなどから盗撮したとみられる動画が実に1000件以上も見つかったという。

 石原容疑者は塾長室秘書担当課長当時、京都や大阪の慶応OB会に、塾長に随行するなどしていた。こうした業務のかたわら長期間にわたり盗撮を繰り返していたとみられる。

 慶大広報室は「事実であれば大変遺憾。事実関係を確認し厳正に対処したい」とコメントしたが、もしネット上に流出でもしていたら、取り返しがつかない。

 慶大をめぐっては、応援指導部が部員らによる盗撮やのぞき報道を受けて、「リーダー部」を解散すると発表するなど、女の子を持つ親なら進学をためらわせるような不祥事が相次いでいる。

 2月には一般入試が実施されるが、「慶応ブランド」は大丈夫なのか。

関連ニュース