記事詳細

韓国・文大統領の「英断」も金正恩氏は「無視」か…韓国スルーを徹底する北朝鮮 (1/3ページ)

 かつて南北の経済協力事業として行われていた北朝鮮の金剛山観光。韓国の現代グループが巨額の資金を投資して、ホテルなどの施設を建設、韓国からのツアーを2003年9月に開始したが、2008年7月に韓国人観光客が朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士に射殺される事件が起こったことを受け、事業は中断している。

 (参考記事:北朝鮮国民「金剛山射殺事件に衝撃」

 韓国の文在寅大統領は14日の新年の記者会見で、「(金剛山への)個別の観光は国際的な制裁に抵触しない」と述べた。また、康京和外相も、米韓外相会談の後で「南北間の重要な合意があり、その中には制裁の問題にならない部分もあり、例外を認めてもらった上でできる事業もある」と述べるなど、金剛山観光の再開に向けた意思を示した。

 これを巡り、青瓦台(韓国大統領府)は米国のハリス駐韓大使と舌戦を繰り広げるなど、米韓の歩調は完全に一致していると言い難い状況だ。それにもかかわらずこのような言動を見せるのは、文在寅氏としてはかなりの英断を下したつもりだろう。

 しかし、北朝鮮の金正恩党委員長は昨年、金剛山(クムガンサン)観光地区を現地指導し、現代グループが建てた施設を「被災地の仮設テントや隔離病棟のよう」とこき下ろし、「容易く観光地を明け渡して何もせず利を得ようとした先任者らの間違った政策」などと金剛山観光事業そのものを批判した上で、施設を撤去し、建て直すよう命じた。

 (参考記事:「南は資格を喪失した」北朝鮮、金剛山観光で韓国に通告

 さらに、北朝鮮当局は最近、新しい施設の建設のために中国からの投資を募っていると、デイリーNKとの連絡を取っている平壌の高官が述べた。

 (参考記事:だから文在寅は「無視」される…北朝鮮が理由を解説

デイリーNKジャパン

関連ニュース