記事詳細

衆院代表質問始まる 今通常国会で初の党首級の論戦に

 安倍晋三首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が22日午後、衆院本会議で始まる。今通常国会で初の党首級の論戦となる。立憲民主党の枝野幸男代表は、首相主催の「桜を見る会」をめぐる疑惑や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業に絡む汚職事件を重点的に追及。公選法違反疑惑による2閣僚辞任への首相の責任も問う。

 枝野氏は、桜を見る会をめぐり、疑惑まみれのまま地位にとどまればモラル崩壊が続くとして、安倍首相に辞任を要求する。IR汚職事件では、安倍政権の責任が極めて重いと批判。カジノは日本社会を壊す賭博行為だとして、IR関連法の廃止を主張する。

 枝野氏に続き、自民党の二階俊博幹事長、国民民主党の玉木雄一郎代表も質問に立つ。23日は衆参両院、24日は参院で代表質問を実施する。