記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】TENGA流ビジネス論「一番大切にしているのは『誠実さ』と『想い』の2つです」 松本光一社長 (1/2ページ)

 ベストセラーを連発する編集者、箕輪厚介氏とTENGAの松本光一社長によるトークイベントが先日、阪急メンズ東京(東京・有楽町)で開かれました。両者のオリジナルコラボ商品が誕生した記念として行われ、箕輪氏やTENGA製品のファンで賑わいました。

 テーマは「ビジネス」。両者が、交互に質問しながら進行し、特に、ブランディングについて議論が白熱しました。「TENGAのブランディングで大切にしていることは?」という箕輪氏の問いかけに「一番大切にしているのは、誠実さと想いの2つです」と松本社長。こう続けます。

 「誠実であるということは必ずお客さまに伝わっていくんです。誠実であれば、嘘なく人の心に届きます。想いやメッセージがなければ届くものがないんですよ。だからその2つを大切にしています」

 同店内にある常設の売り場にも社長自ら立ち、顧客との対話から、いっそう感じるそうです。

 「モノを人に届けるために、『共感』が生まれないと何もはじまらないんです。それは対人でも、プロモーションでも同じなんですよね」とも。

関連ニュース