記事詳細

【喝!日本】IR汚職事件は中国資本による北海道「乗っ取り」本格化の証? 与野党幹部へ「二十数億円」の工作資金が流れているという話も (1/3ページ)

 通常国会が始まった。今国会では、自衛隊の中東派遣問題や、カジノを含む総合型リゾート(IR)の参入をめぐる贈収賄事件など、審議すべき課題が山積されていた。だが、ふたを開けると、現職国会議員が収賄容疑で逮捕され、メディアも大きく伝えた「カジノ利権」と「政治と金」の実態解明がどうも中途半端なような気がする。

 そんな疑問を感じていたとき、筆者が10年ほど前から取材を続けている、わが国での中国資本による不動産買収の実態調査に関して、情報提供など取材に協力してくれている人物から連絡が入った。

 「中国側から日本の政治家には、百万円単位などではない巨額な金が流れている。実際は20数億円とも言われる。関わっている与野党の幹部は戦々恐々としていて、事件が大きくならないように動いているらしいぞ」

 二十数億円もの工作資金をかけて北海道に進出する? 彼の証言を正確に裏付ける証拠はなく、うのみにはできないが、金額はともかく、まったくあり得ない話ではない-と直感した。

 それには理由があった。中国資本や中国政府の北海道に対する関心の強さは想像以上だ。

関連ニュース