記事詳細

【緊迫する世界】習近平体制を脅かす「新型肺炎」に高笑いするトランプ大統領 気になる安倍首相の危機意識の薄さ (1/2ページ)

 古代ローマ帝国崩壊の一因に「マラリア」感染があったという説がある。中国でも疫病で、いくつかの王朝が倒れている。周王朝は「大疫」、明王朝は「天然痘」、清王朝では「ペスト」で崩壊したとされる。

 中国湖北省武漢市で発生した、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は中国全土から、世界各国に広がっている。すでに、2003年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の感染者数を上回った。

 世界保健機関(WHO)が1月30日、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言したことで、中国株式相場は大幅に下げ、人民元も年初来最安値まで下げた。習近平国家主席には最も避けたかった悪夢だ。

 SARSで、中国の経済成長率は2%落ち込んだ。今回も同様ならば、2019年のGDP(国内総生産)成長率は6・1%なので、20年は約4%となる。習氏は3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)までに収束のメドを立てられない場合、窮地に立たされるだろう。

 すでに習氏が4月に予定していた「国賓」訪日の延期もささやかれている。まさに習氏の政治的基盤を脅かす危機的状況である。

 一方のドナルド・トランプ米大統領は、笑いがとまらないだろう。

 現在、トランプ氏は大統領選挙と弾劾裁判の最中にいる。中国が新型肺炎でダメージを受ければ、米国は米中貿易戦争の勝者となる。ウィルバー・ロス商務長官は「感染拡大で、米国に雇用が戻ってくる」と喜びの声を上げている。トランプ氏の大統領選挙にも一番の朗報である。

 米上院の弾劾裁判は1月31日、野党・民主党が要求したジョン・ボルトン前大統領補佐官らの証人尋問について、反対多数で否決。トランプ氏のウクライナ疑惑について2月5日に評決すると決定した。上院は与党・共和党が多数を占めており、トランプ氏は無罪となる見通しだ。

関連ニュース