記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】オンラインの結婚サイト詐欺 (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆さま!

 オンラインの結婚サイトを利用した婚活はどこの国でもスタンダードになり、こちらロシアでも、それらのサイトを利用して将来の伴侶を探す人々がいます。

 しかし、運営サイト側がいくら注意を払っても、中には怪しい目的で利用する人もいるようです。

 ある土曜日の夜、エカテリンブルクの次姉の家で食事会が開かれました。そこには、次姉の大学時代からの友人ヴェラも息子を連れて来ていました。女性として魅力的で、自立した次姉とヴェラの2人ですが、若くしての結婚は失敗し、今は共に1人の子供を持つシングルマザーです。

 それは食事会が終わり、付けっぱなしのテレビを背に皆で談笑していたときでした。突然ヴェラが私たちの話を遮り、テレビ画面に映ってる男を指しながら叫びました。

 「私、この男知ってる!」

 ヴェラの説明によると、再婚を考えていた彼女は、つい数カ月前にオンライン結婚サイトでその男と知り合い、何度かチャットしたのですが、途中から男に違和感を覚えてしまい、土壇場で会う約束をキャンセルして、それきりだということでした。

 再びテレビ画面に目を移すと、ニュースは男がプロの結婚詐欺師であり、結婚サイトを使って、数年に渡りエカテリンブルクの30人以上の女性から大金を集めたことを詳細に説明していました。だまされた女性たちは男の偽りの肩書や会話術に魅了され、いつか結婚するという男の約束を信じきっていました、ある女性などは自分の持ち家まで売って男にお金を渡していました。その上、この男はだました女性の数人に子供まで産ませていたのです。