記事詳細

「ハナマル」「くず」「論外」新聞記事をランク付けして掲示 立民・安住氏が謝罪「笑い話でやった」

 立憲民主党の安住淳国対委員長が4日、衆院予算委員会の質疑内容などを伝えた同日付の新聞各紙のコピーに花丸マークや「くず」「×」「ギリギリセーフ」「出入り禁止」「論外」といった論評を添え、国会内の同党などの会派控室のドアに貼り出した。その後に撤去し、安住氏は記者団に「伝え方が悪かった。反省している」と謝罪した。

 安住氏は「くず」などの論評について、記事が自民党議員の質疑中心だったことに立腹し「思わずペンを走らせてしまった」と説明。「笑い話でやって、記者さんも大笑いしていた。気に障ったとすれば申し訳ない」と釈明した。

 特定の報道機関に取材規制とも受け取れる論評を加えたことについては「(取材規制は)しない」と述べた。政府・与党が同様の行為に及んだ場合の対応を聞かれると「人徳の問題だ。私に人徳がなかった。深く反省している」と答えた。

 また、枝野幸男代表から4日の党役員会で「報道機関にいたのだから、理性的に対応してほしい」と注意を受けたことも明らかにした。安住氏は元NHK記者。

 安住氏が張り出したのは在京各紙のコピーで、昼前に張り出し、約30~40分で剥がしたという。野党に好意的な記事には花丸マークを付けた一方、「政府に注文 自民存在感」との見出しを掲げた産経新聞は最も下に張られ、「論外」とのコメント付きだった。

 自民党の森山裕国対委員長は記者会見で「朝、記事を見て怒鳴りたくなるときもあるが、それぞれの立場で書いて記事になっている。(記事を)真摯(しんし)に受け止めるということが基本だ」と述べた。(産経新聞)

関連ニュース