記事詳細

「くず」「出入り禁止」立憲民主・安住氏の思い上がった記事論評 識者「安住氏のレベルの低さと力量のなさを物語っている」 (1/2ページ)

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長の愚かな対応が問題視されている。首相主催の「桜を見る会」などをめぐる国会論戦を伝えた4日付の新聞朝刊各紙を比べて採点し、コピーを国会内にある党の控室のドアに貼り出したのだ。左派メディアの記事を絶賛する一方、「くず」「出入り禁止」などと書かれた記事もあった。あまりに上から目線で、すぐに撤去されたが、党内外から批判が噴出している。

 「調子に乗り、ほんの冗談のつもりだった。反省する」

 安住氏は4日、記者団にこう釈明した。

 注目の採点で、安住氏は前日の衆院予算委員会をめぐり、野党側の質問を大きく取り上げた東京新聞を「100点、すばらしい」と評し、朝日新聞や毎日新聞の紙面には花丸マークを付けた。

 これに対し、自民党議員を大きく取り上げた日経新聞には「くず。0点。出入り禁止」。「政府に注文 自民存在感」との見出しを立てた産経新聞は他紙よりドアの下の方に張られ、「論外」と書かれた。

 安住氏にいくら酷評されても、筆が鈍るような新聞記者は三流だ。

関連ニュース