記事詳細

新聞「くず」批評の安住氏、意気消沈?

 立憲民主党の安住淳国対委員長は6日、野党統一会派の代議士会で、多くのカメラを向けられ「普段よりもフラッシュをたかれているので心苦しい」ときまりが悪そうに話し、出席者の笑いを誘った。安住氏は新聞記事に「くず0点」などと批評を書き込んで国会内に張り出し、与野党を中心に批判が相次いでいる。

 この日の代議士会であいさつした安住氏は、声のトーンが普段よりも弱め。安住氏の後にあいさつした国民民主党の原口一博国対委員長は「安住氏は若干元気がない。いろんなことがあった」と指摘し、出席者からは「元気出せ、元気」との“声援”が上がった。 (産経新聞)