記事詳細

船内待機は百害あって一利なし!? 新型肺炎、厚労省“後手後手”対応に疑問の声 専門家「水際対策、すでに時機は逸した」 (1/2ページ)

 厚生労働省は12日、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者のうち、新たに39人で新型コロナウイルスの感染が判明したと発表した。船内での感染者は計174人。検疫官1人も感染が確認された。隔離生活が続く乗客乗員約3600人の“2次被害”懸念も深刻だ。乗客の全員検査を行うかどうかも不透明で、専門家は、厚労省の後手に回る対応に疑問を呈した。

■医師の上昌広氏「すでに水際対策の時機逸した」

 新たに感染が判明し、医療機関に搬送された乗船者のうち4人は集中治療室(ICU)で治療を受けるなど重症。60~70代の男性で、日本人が3人、外国人が1人。

 1月に下船した香港人男性に感染が確認され、厚労省は今月3日以降、乗客乗員を船内に待機させているが、「すでに『水際対策』の時機を逸していた。船内での待機は百害あって無益だ」と指摘するのは、医師で特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏だ。

 「中国では昨年12月中旬から、人から人への感染が起きていると指摘するリポートが、1月29日に米医学誌で発表された。つまり、日本は1カ月半近くノーガードだったことになる。新型コロナウイルスが国内に入っていることが考えられるため、水際作戦を早々にやめる必要があった」と指摘する。

 船内の感染者数拡大について厚労省幹部は「乗船者に客室待機してもらう対策を講じた後に増えているのかどうかは分からない」とする。