記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】躍進したブティジェッジ氏、対トランプ氏で勝機あり 若さと従軍経験では優位に (1/2ページ)

 米アイオワ州で行われた民主党員集会では、38歳のブティジェッジ前サウスベンド市長が躍進したことが話題になった。ただ、同党にとってこの党員集会は最悪のスタートにもなった。

 米大統領選挙での民主党の候補者選びはアイオワ州から始まったが、その出鼻を完全にくじかれた。もちろん、民主・共和の各党が大統領候補を絞り込んでいく党員集会と予備選挙、党の候補者同士が争う本選挙の2つの段階があり、大統領選は長い道のりだ。いわばマラソンのようなもので、スタートでつまずいても影響は少ないといえるが、好スタートを切るに越したことはない。

 アイオワ州の党員集会では、集計システムの不具合が起き、すぐに集計結果を公表できない失態を演じてしまった。

 最終得票率は、ブティジェッジ氏が26・2%、サンダース上院議員(78)が26・1%、ウォーレン上院議員(70)が18・0%、バイデン前副大統領(77)が15・8%、クロブシャー上院議員(59)が12・3%だったが、正確に集計できなかったとされる。

 米国内では、ブティジェッジ氏とバイデン氏は穏健派、サンダース氏とウォーレン氏は極左といわれている。

 共和党のトランプ大統領陣営としては、トランプ氏のウクライナ疑惑を逆手にとってバイデン氏への攻撃材料として使える。弾劾裁判はトランプ陣営の圧勝であったので、これをさらに有効に使えるという意味で、バイデン氏が出てくるのは「歓迎」だろう。

関連ニュース