記事詳細

植松被告に死刑求刑 19人殺害「計画的で残虐」

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件の横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判第15回公判で、検察側は17日、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)に死刑を求刑した。「19人もの命を奪い、単独犯としては類を見ない。計画的で残虐、生命軽視が顕著。正当性を主張し続け、更生の意欲も可能性もない」と訴えた。

 検察側は論告で「動機は障害者の権利を尊重する社会の価値観と相いれず、反人道的。社会を震撼させ、多くの障害者やその家族らに大きな不安を与えた」と強調した。

 争点の刑事責任能力は「意思疎通の取れない障害者を殺すという被告の考えは勤務経験などから形成され、理解可能。病的な妄想ではなく、特異な考え方。周到に計画を立てて準備し、計画通り実行した」として大麻使用の影響を否定し、完全責任能力を主張した。

 弁護側は19日の最終弁論で、無罪や、求刑より軽い罪がふさわしいと主張するとみられる。判決は3月16日に言い渡される予定。

関連ニュース