記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】大量のマスクと予防パンフ配布 (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆さま!

 中国の武漢から発生した新型コロナウイルスの勢いは止まる気配もなく、現在も毎日のように感染者が増え続けています。ロシアでも先月2人の中国人から新型コロナウイルスの感染が確認され、病院に隔離されました。

 その翌週、ロシア政府は軍用機をチャーターして、湖北省にいるすべてのロシア人を退避させました。そして、この原稿を書いている今現在、ロシア-中国間のすべての交通機関の定期運行は停止され、国境の検問所もすべて閉鎖されています。

 私が暮らすウラル地域からも疑いのある2人の症例が検出され、その2人の患者はどちらも最近中国から帰国した人々だったこともあり、街の雰囲気は少し緊張しています。

 こちらエカテリンブルクでは、1月27日に地元のキャリアであるウラル航空が中国行きの運航を停止し、その2日後にはエカテリンブルクからミュンヘン、ローマ、パリなどへ飛ぶヨーロッパ路線も停止しました(現在はチャーター便のみ運航中)。

 これらの路線は中国の北京や西安などからエカテリンブルク経由でヨーロッパに旅行する中国人が主な旅客でした。

 その結果、かつて私たちが街のショッピングモールやブランドショップなどで頻繁に見かけていた中国人観光客の姿は消え、今年に入って旅行や商用などで中国から戻ってきた人々のほとんどが、カフェ、レストラン、ホテルに行くことを許可されていないという事態に直面しています。

関連ニュース