記事詳細

新型肺炎で中止続々…「センバツ」「大相撲春場所」ビッグイベントどうなる!? (1/2ページ)

 新型コロナウイルスによる肺炎の国内感染拡大を受け、人が集まる大小のイベントの中止や延期が相次いでいる。3月には甲子園球場の選抜高校野球大会や、大相撲春場所も予定されるが、今後、国内の感染が本格化した場合、「中止」や「無観客での開催」などの決断を余儀なくされる場面もありそうだ。

 「開催時期の見直しの必要性なども含め、国民への適切な情報提供を速やかに行ってほしい」

 安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で大規模イベントに関し、こう呼びかけた。

 政府の専門家会議が「不要不急の集会を避ける」とするなか、知的障害者のスポーツ全国大会「第7回スペシャルオリンピックス日本冬季ナショナルゲーム・北海道」実行委員会は21日からの大会中止を発表した。

 東京都墨田区は23日に両国国技館で開催予定だった「第36回国技館 5000人の第九コンサート」を中止した。

 3月1日の東京マラソンは一般ランナーの参加取りやめを決め、同8日に名古屋で開催される名古屋ウィメンズマラソンも対応策を検討する。

 大阪府の吉村洋文知事は18日、府内で開く府主催のイベントを原則として中止か延期する方針を明らかにした。期間は2月20日から3月20日の1カ月間としたが、状況をみて延長も検討する。

 3月8日に初日を迎える大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)は、現状では通常通り開催する方向だ。来場者にマスク着用やアルコール消毒などを呼びかける予定で、ファンに握手など力士と触れ合う行為の自粛も求める。

関連ニュース