記事詳細

仮想通貨取引「アカウント情報販売」書き込み 闇サイトの男逮捕

 匿名性が高いインターネット空間「ダーク(闇)ウェブ」上の掲示板に、仮想通貨交換のためのアカウント情報を販売すると書き込んだとして、京都府警は25日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで、千葉県銚子市の会社員、石原翔容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は2018年5月17日、ダークウェブ上の掲示板「オニオンちゃんねる」に、仮想通貨「ビットコイン」取引に用いるIDやパスワードなど、他人名義のアカウント情報を約2万円で売ると書き込んだ疑い。

 13府県警によるダークウェブ上の犯罪に関する全国初の集中取り締まりの一環。石原容疑者は知人に頼んでアカウントを作らせていた。容疑を認めている。