記事詳細

韓国・文政権が日本にすり寄り「共に危機を克服しよう」 新型肺炎の“特効薬”アビガン目当て? 苦境脱出へ輸入模索 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本にすり寄ってきた。日本の朝鮮半島統治に抵抗して1919年に起きた対日独立運動「三・一独立運動」の式典で、いつもの「反日」発言を控えたのだ。一体、狙いは何か。

 「日本は常に最も近い隣国だ。共に新型コロナウイルスの危機を克服し、未来志向の協力関係に向けて努力しよう」

 文氏は1日、ソウルでの式典でこう演説した。新型肺炎(COVID19)対策に多くの時間を割き、「われわれは必ずコロナウイルスに勝ち、経済をよみがえらせる」と決意を語った。

 一方、対日関係については、「過去を直視してこそ傷を克服し、未来に進める。過去は忘れられないが、われわれは過去にとどまることもない」と述べるにとどめた。

 過去の演説で、いわゆる徴用工や慰安婦などの問題を取り上げて、日本を徹底的に批判してきたのとは大違いだ。

 韓国では、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。1日だけで感染者は586人増え、感染者計3776人、死者18人に達した。ここで歯止めをかけなければ、4月の国会議員選挙での与党への大逆風は確実だ。

関連ニュース