記事詳細

トイレットペーパーなどの買い占め、9割が「デマと知りながら」殺到 新型コロナでマッチポンプ消費

 新型コロナウイルスの影響により、全国でマスクやトイレットペーパー、ティッシュ類に加え、感染症対策とは一見無関係に思われる米やカップ麺などの食料品に至るまで買い占めが発生している。しかしそんな中、買いだめをした人の9割が「『次はトイレットペーパーが不足する』といった情報はデマ」だと知った上で店頭に走っているという調査結果が明らかになった。

 買いだめした人自体は23%どまり、しかし……

 本調査は2020年3月3日~4日に全国の男女958人を対象に、NEXER(東京都豊島区)が運営するサービス、日本トレンドリサーチが実施した。

 この1カ月以内で通常時より多く商品を購入する「買いだめ」をしたという人は23.3%となった。決して大多数は無いが、一定の比率で買いだめが行われたと言える。

 ただ、この23.3%の「買いだめ」をしたという人に、「マスクやトイレットペーパーなどが『今後不足する』という情報はデマだと知っているか」と聞いたところ、91.5%が「知っている」と回答した。

 さらに、今回の品薄・品切状態となっている商品の多くは「買い占め行為が引き起こしている」と言われていることを知っているか聞くと、90.6%が「知っている」と答えた。

 「ここで震災が来ないとも……」冷静さ欠く理由も

 買いだめをした人のほとんどは、マスクやトイレットペーパーなどが「今後不足する」という情報自体がデマであり、買い占め行為による悪循環が生じていることを知りながらも、結果的に買いだめに走ることで、その流れに加わってしまっていることが示唆される結果となった。

 自身の行為が品薄・品切状態を引き起こすものであると知りつつも、それでも買い占めを行う理由はさまざま。「デマと分っていても、実際に店で売っていないから」(40代・男性)や「本当に必要な時に無いと困るので」(50代・男性)など、品薄からくる心理的な不安による理由もあれば、「あっても腐るものではないので」(50代・女性)「ここで震災が来ないとも限らないから」(40代・男性)など、なんとなく流され、冷静な判断を失っているように思われるものもあった。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース