記事詳細

中国報道官が米を挑発「新型コロナ、米軍が持ち込んだかもしれない」

 新型コロナウイルスについて中国外務省の趙立堅報道官は12日、ツイッターで「米軍が流行を武漢に持ち込んだのかもしれない」と発言した。オブライエン米大統領補佐官が「中国当局による隠蔽が世界の対応を遅らせた」と批判したことに反発した発言とみられ、証拠は示していない。

 趙報道官はツイッターへの投稿で「米国の感染源確認はいつなのか? 何人が感染しているのか? 米軍が流行を武漢に持ち込んだのかもしれない。データを公表し透明性を向上させるべきだ。米国は中国に説明する義務がある」と挑発した。

関連ニュース