記事詳細

【新型コロナ革命】安倍首相、東京五輪は「完全な形で実現」 もし延期なら…チケットは常識に沿った対処で払い戻しを (1/2ページ)

 「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証として、東京オリンピック・パラリンピックを『完全な形で実現する』ということについてG7(主要7カ国)の支持を得た」

 安倍晋三首相は17日未明、史上初のG7首脳による緊急テレビ電話会議後、記者団にこう語った。

 また、国際オリンピック委員会(IOC)も、各国際競技連盟(IF)と協議を行い、「この段階で決定を行う必要はない。現時点での憶測は非生産的だ」とした。

 左派野党やメディアの一部では「見通しが甘い」といった批判があるが、「予定通りの開催が予断を許さない」など分かり切った話である。

 ただ、どのような段階で、どういう決断を下すかは、さまざまな方面の損得が絡んでいるので駆け引きが必要である。国内から「予定通りの実施はない」とはやし立てて、日本の足を引っ張るのは無責任極まる。

 予定通り開催できないといっても、選択はいろいろある。「中止」「東京以外での開催」「無観客試合」「延期」が主なところだし、「縮小開催」もないわけでない。

 日本にとって一番嫌だったのは、ヨーロッパでの代替開催だったが、パンデミック(世界的大流行)の中心があちらに移ってなくなった。

 安倍首相が語った「完全な形での実施」は、延期を含むかは曖昧にしつつ、無観客や他の都市での開催は否定する日本側の希望に沿ったものである。各国首脳の支持を取り付けて、IOCや競技団体と交渉する作戦だろう。IOCにとっても各国首脳の支持は、放送局や各競技団体との交渉にあたって悪いことばかりでもない。

関連ニュース