記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】中国、新型肺炎「勝利宣言」の背景 内輪揉め、情報の整合性欠き…“上意下達”連携に残る課題も (1/2ページ)

 3月10日、習近平国家主席が武漢を視察した。これをメディアは「勝利宣言」と報じたが、発言には「依然厳しい状況」という一言が続いた。つまり、訪問はピリオドではなく勝利へと向かう空気を醸成する一つのシグナルの発信だろう。

 これを受けて国内の各メディアは、感染拡大の一定の落ち着きと、これまでの戦いを総括する報道を始めた。

 3月12日付『光明ネット』の記事「武漢の感染者ゼロ小区はどのように成し遂げられたのか」では、感染者ゼロ小区(社区、村を含む)の条件をクリアした社区の書記のインタビューを掲載し、その手法を紹介した。

 感染者ゼロとは、申請日から14日間感染者がゼロに加え、感染の疑いのある者や発熱を訴える患者、濃厚接触の可能性を指摘される者も含めてゼロという意味だ。当然、厳しい外出規制の結果だ。

 記事中では、現在の武漢(3月8日午後4時)では、感染者ゼロ小区に相当するのが小区で3021(全体の42・5%)あり、社区は135(9・6%)、村は1350(69・5%)となったことも紹介されている。

 感染拡大阻止では実際に最前線で動くのは小区の組織であり官僚たちだ。日本には中央や武漢市、湖北省の動きは見えても、なかなか末端の動きまでは見えてこない。

 ある社区の書記は、対策において「早」と「厳」は不可欠だが、より重要だったのは「暖」と述べている。「暖」とは街の封鎖の中でも物資は不足しないと住民が信じるに足る「暖かさ」だという。

 当たり前のことだが、力だけでは抑えられなかったということだ。

関連ニュース