記事詳細

【新型コロナ革命】韓国やイタリアのような「医療崩壊」起きてはいないが… 日本は海外を見習ってもっと“大胆な対策”を! (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、何が一番怖いかといえば、医療現場での感染者急増による「医療崩壊」である。幸い、安倍晋三内閣の対策はそれを良く認識しているので高く評価したい。

 大阪府吹田市の国立循環器病研究センターでは7日、女性非常勤看護師が他の医療機関で勤務中に感染したことから、消毒作業のために5日間にわたって外来診療を休診した。看護師と接触があった職員32人を自宅待機としたが、感染者が診療に訪れたというだけで閉鎖されている医療機関は多い。

 イタリアでは、感染者に病院を占領されて救急外来も機能しなくなっている。もっと怖いのは、中国湖北省武漢市のように、医師などが感染して死者まで多く出ることである。イタリアの状況を見ると、それが杞憂(きゆう)ではないことが分かる。何しろ、インフルエンザと同様の防御では、感染することが多いからだ。

 しかも、入院しても確実な治療法も特効薬もなく、重症者には気管挿入ぐらいしかやることがない。

 左派野党と一部メディアが「希望者全員をやれ!」と求めるPCR検査は精度が100%ではないため、感染しているのに陰性と判定され(=偽陰性)て、感染を拡大する弊害もある。

 現状では、「風邪かな」と思ったら自宅に引きこもって、まず様子を見るべきだ。今回のウイルスは感染力が強いため、集団感染を避けるためにも感染の疑いのある患者を普通の病院・診療所に近づけるべきでない。「37・5度以上の発熱が4日以上」「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)」などを目安に、都道府県の保健所などに相談すべきで、PCR検査はむやみにすべきでない。

関連ニュース