記事詳細

五輪予定通り開催は「最悪のシナリオ」 米ホーリクロス大教授 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、安倍晋三首相は7月24日に開幕が予定される東京五輪の延期を容認した。スポーツ経営、環境経営学を専門とする米ホーリクロス大(東部マサチューセッツ州)のビクター・マシソン教授は産経新聞の電話インタビューで、予定通り夏に五輪が開催されれば、「ウイルス拡散の最悪のシナリオ」となると警告した。(ニューヨーク 上塚真由)

 --東京五輪の開催の是非をどう考えるか

 米スポーツ界でも、すでに米プロバスケットボール(NBA)の多くの選手が感染するなど影響が出ている。五輪の特徴は世界を一つに集めることだが、パンデミック(世界的大流行)が発生した際、これは最もやってはいけない。世界各国から多くの選手、補助スタッフ、観光客が3週間にわたり接近した状態で集まることは、ウイルス拡散において最悪のシナリオだ。

 7月までにパンデミックが収まるかは分からない。ただ、ウイルスの脅威は現実であり、取り除くためには、2つの方法しかない。

 1つは世界の人々がコロナウイルスに感染し、死亡するか、もしくは免疫をつけるか。もう1つはワクチンが開発され、すべての人に投与されることだ。これは最速でも1年かかるといわれている。こうした状況下で、世界各国から数千人が集まる大会をどのようにしたら安全に開催できるのか、考えがつかない。