記事詳細

河井案里氏の公設秘書を起訴へ 広島地検は夫・克行氏の立件も視野

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨夏参院選をめぐり、車上運動員に違法報酬が支払われたとされる公選法違反(買収)事件で、広島地検は逮捕した案里氏の公設秘書、立道浩容疑者(54)ら3人について勾留期限となる24日、刑事処分を決める。少なくとも立道容疑者は起訴し、案里氏の連帯責任を問う連座制適用を視野に、速やかに審理を進める「百日裁判」を申し立てるとみられる。

 有罪が確定し連座制適用の対象者と認定されれば、案里氏は失職する。

 また、案里氏の夫で前法相の克行衆院議員(57)=自民、広島3区=が後援会幹部ら複数の陣営スタッフに現金を手渡していた疑いがあると、産経新聞が24日朝刊で報じた。広島地検は公選法違反の疑いもあるとみて克行氏の立件も視野に捜査している。