記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】菅官房長官が石破派に急接近 今後の政局展開読み、選択肢拡大へ (1/2ページ)

 安倍官邸が、新型コロナウイルスの感染対策で忙殺される中で、「官邸の危機管理の司令塔」である菅義偉官房長官に関する記事が目についた。くしくも、それは同じ日(3月15日付朝刊)の朝日新聞と読売新聞であった。

 まずは読売新聞。同紙は「首相と菅氏のすきま風を指摘する向きもある」としたうえで、次のように書いている。

 「令和おじさん」として脚光を浴び、ポスト安倍に急浮上した菅氏が、(1)自民党の二階俊博幹事長や、安倍首相に批判的な古賀誠元幹事長との接近が取り沙汰されている(2)菅氏に近い菅原一秀前経産相と河井克行前法相が辞任に追い込まれて、菅氏の求心力が低下した(3)安倍首相は自らの後継に岸田文雄政調会長への期待を隠さないが、菅氏は岸田氏について「選挙の顔にならない」と評価は厳しい-。

 一方の朝日新聞は、石破茂元幹事長の前担当記者の署名記事だ。安倍、石破両氏の因縁をたどりつつ、両氏を分かつ溝はいま、政権の行方を占う対立軸と化していると結論づける。それにしても、一読すると「石破氏ヨイショ」の印象がどうしても残る。

 同記事には、看過すべきでない情報が紹介されていた。すなわち、「1月末のある夜、都心のホテルのレストラン。石破派会長代行の山本有二元農林水産相は政権の番頭・菅官房長官と向き合った」の件である。

関連ニュース