記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「流行」》東京とはまったく異なる「コロナ震源地」ニューヨーク (1/2ページ)

 感染者数が24日時点で約1万5000人となり、新型コロナウイルスの「震源地」となった米ニューヨーク市。たった1カ月ほど前、アジア人というだけで地下鉄内で冷たい目線を浴びるなど肩身が狭い思いをしたが、今では、人種に関係なく、すべてのニューヨーカーがコロナ禍の当事者にいる。

 ニューヨーク州で実施されているのは、いわゆる「100%自宅勤務命令」だ。22日夜から、薬局や食品、銀行、メディアといった「必要不可欠」の業種以外の事業者や企業には、従業員や社員を全員自宅勤務させることを義務付けている。

 欧州の「外出禁止令」とはどう違うのか? ニューヨーク州では個人に罰則が設けられないことが大きいが、名前のインパクトの問題はある。同州のクオモ知事と、不仲で有名なニューヨーク市のデブラシオ市長は発令をめぐって対立。デブラシオ氏は一時、外出禁止令に相当する「屋内退避命令」を発令しようとしたが、知事は「人々が恐怖やパニックに陥る」と反対して、出勤禁止命令で落ち着いた。

 住民に対しては、可能な限り自宅にとどまること、人数にかかわらずすべての集まりは禁止すること、他人との距離を6フィート(183センチ)を保つことを求めている。地下鉄やバスなどの公共交通機関は動いているが、「緊急で必要な時以外は使わない」と呼び掛ける。

 この指示が出てから数日がたったが、町のスーパーは空いていて食料品や日用品は購入できる。2週間ほど前には買いだめしようとする人で、冷凍食品などの棚の商品がすべてなくなったが、品ぞろえはいつも通りに戻ってきた。先日、パスタを発見したときは感動したものだ。