記事詳細

大学の“教育力”ランキング 東大3位、京大2位、初の1位となったのは…

 英国の教育専門誌『Times Higher Education(THE)』は3月24日、日本の大学の“教育力”を示す「THE 世界大学ランキング日本版 2020」を発表した。総合では、東北大学が初の1位に輝いた。

 THEは04年から「世界大学ランキング」を発表している。日本版ランキングは、ベネッセグループの協力で17年から発表。今回で4回目となる。

 世界版ランキングでは「研究力」を中心に判定しているが、日本版では日本の教育事情により即した形で大学の魅力や特性が表れるように「教育力」を測る設計になっているという。ランキング指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野で構成し、学びの質や成長性に焦点を当てた。今回は278大学を対象とした。

 総合ランキングでは、東北大学が前回の3位から上昇し、初めて1位となった。資金や教員数、学生の学力などを基にした「教育リソース」や、企業人事による卒業生の評判などを調査した「教育成果」を中心に、安定して高いスコアを出した。

 前回1位だった京都大学が2位。「教育成果」のスコアが1位だったほか、「教育リソース」のスコアも高かった。3位は東京大学(前回2位)と東京工業大学(同7位)が同率となり、5位が九州大学(同4位)、6位が北海道大学(同5位)だった。

 分野別のランキングでは、「教育リソース」は東京大学、「教育充実度」は国際教養大学、「教育成果」は京都大学、「国際性」も国際教養大学がそれぞれ1位となり、前回と同様の顔ぶれだった。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース