記事詳細

「安倍4選」二階幹事長が期待「今のところは首相の胸三寸」

 自民党の二階俊博幹事長は25日、東京都内で講演し、東京五輪が1年程度延期になったことについて、「アスリートと観客の心に心配がよぎるようでは盛り上がらない。思い切って延期してよかった」と評価した。

 年内の衆院解散・総選挙の可能性については「当然ある」「今のところは安倍晋三首相の胸三寸にあって、われわれがとやかくいうことではない」とけむに巻いた。

 また、来年9月に自民党総裁任期が切れる安倍首相については「政界の中枢を担う者としては若さもある。政策も持ち合わせている。国際的にも信用がある。今は続投させることが大事ではないか」と述べ、改めて安倍首相の「4選」に期待感を示した。