記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「流行」》陰謀論はデマです (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの世界的流行が収まらないなか、どうにも腹の虫がおさまらないことがあります。それはネット上の、主にツイッターでの無責任な「陰謀論」です。ここ数日は、東京五輪と都内感染者の急増を絡めて、「五輪延期が決まったから、感染者の情報を隠さなくなった」という内容が多いです。

 五輪が開けなくなるため、安倍首相はこれまで検査を絞ったり感染者を隠したりして、真実を隠蔽していた。しかし、延期が決まったから隠す必要がなくなった。「陰謀論」を好む人が見ている日本は、隠蔽だらけの国家です。

 はっきり言います。コロナに絡んだ「陰謀論」の多く(全部を確認しているわけではないので)は、デマです。

 中国の武漢周辺で感染が始まった当時と、欧米で急速に流行が広まっている現在では、そもそも海外から日本に持ち込まれる確率が全然違います。世界で流行が広まれば、国内で感染者が増えるのは仕方のないこと。世界で流行が広まったから五輪が延期され、国内の感染者も増えたのです。

 「隠蔽」が大好きな人たちは少し前まで、国内で死者が増加しているが隠蔽されているという話を広めていました。新型コロナウイルスによる肺炎患者が検査されずに大量に死んでいるという話でしたが、これも情報の出所があいまいなデマでした。日本では多くの人は病院で亡くなりますが、病院や高齢者施設では集団感染を警戒しており、原因不明の肺炎による死者が出たらまず調べるはずです。