記事詳細

新型コロナでテレワーカーの多くが「4月は外出自粛が妥当」--“首都封鎖”に一定の理解?

 東京都の小池百合子知事は3月25日の会見で、「今週末は不要不急の外出を自粛してほしい」「平日も在宅勤務を」と呼びかけた。“首都封鎖”もささやかれる中、在宅勤務をしている20代~60代の働き手に調査したところ、新型コロナ拡大防止のため、多くの人が「4月の外出自粛は妥当」と考えていることが分かった。

 8割以上「外出自粛に賛成」

 今回の調査は、BIGLOBEが3月13日~15日にかけてインターネットで実施。会社で在宅勤務が認められ、直近3週間で週に1日以上実際に行っている全国の20代~60代の男女1000人に対して行った。

 「あなたは新型コロナウイルス拡大防止のために外出を自粛すべきだと思いますか」という問いに対しては、「そう思う」(34.8%)、「どちらかというとそう思う」(47.8%)と、8割以上が外出を自粛すべきと回答した。

 妥当と考える自粛期間について、最も多かったのは「20年4月後半まで」が22.5%、続いて「20年3月末まで」(21.1%)、「20年4月前半まで」(20.8%)、「20年5月後半まで」(9.4%)という結果となった。テレワーカーの多くが、来月も外出自粛は必要と考えているようだ。

 「テレワークして良かった」本音とは?

 他にも「あなたが在宅勤務をしてよかったと思うことを教えてください」という質問に対しては、「ウイルス感染リスクを防げる」(63.8%)、わずかな差で「通勤ストレスがなく時間を活用できる」(63.7%)が挙がった。続いて「オフィスより家のほうが仕事に集中できる」(29.4%)、「無駄話や不要の打ち合わせがなくなった」(28.1%)、「気力や体力的な余裕ができた」(22.8%)といった精神的なストレスの減少を示す声が多くみられた。

 一方で、「在宅勤務で難しいと思ったことやストレスに感じたこと」については、「事務仕事をするための部屋や机、椅子がない」「個人情報を社外で扱えない」「伝票や請求書などオフラインの処理が必要」「集中力が続かない」「家を出なくなってストレスがたまる」など、通常通り業務ができない弊害もある様子だ。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース