記事詳細

トランプ政権“二枚舌戦略”で中国の責任を徹底追及へ 「中国に大いに敬意」投稿のウラで…メディアが報じない事実 (1/3ページ)

 中国発の新型コロナウイルスの「世界的大流行(パンデミック)」が止まらない。米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、世界全体で感染者は70万人を超え、死者は約3万3000人(29日時点)となった。日本でも、東京や大阪などの都市部で「爆発的患者急増(オーバーシュート)」の危険性が高まり、安倍晋三首相による「緊急事態宣言」の発令が近づいている。こうしたなか、ドナルド・トランプ米大統領が27日、中国の習近平国家主席と電話会談した。「緊密連携」を強調したが、世界各国は事態収束後、「中国共産党の責任追及」に乗り出しそうだという。中国では「内戦」発展を予想させる警察官同士の衝突も報道された。ノンフィクション作家、河添恵子氏による緊急寄稿第8弾。

 「われわれは緊密に連携している。(中国に)大いに敬意を払っている」

 トランプ氏は27日、習氏との米中電話首脳会談後、ツイッターにこう投稿した。だが、新華社通信など中国官製メディアが絶対報じない事実があった。

 何と、トランプ氏は首脳会談を1時間半遅らせて、全米最大のニュース放送局「FOXニュース」の生番組「ハニティー」の電話インタビューに応じた。そして、次のように語っていたのだ。

 「習氏との電話よりも重要だと考えている」

 同番組のキャスター、ショーン・ハニティー氏といえば、18日に「中国共産党による一連のウソが世界中の人々を苦しめ、命を落とすことになった」「彼らは今、世界中で『死』『破壊』『殺害』を引き起こしている」と番組で言い切った著名な政治評論家である。

関連ニュース