記事詳細

立民・杉尾秀哉議員に“ブーメラン”炸裂!? 昭恵夫人の“桜撮影”追及も…自身も「あんずの花散策」へ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国で「花見の自粛」が求められるなか、立憲民主党の杉尾秀哉参院議員が地元・長野県内で「あんずの花」を見た様子を載せたフェイスブック(FB)が炎上し、発信内容を削除した。杉尾氏は国会で、安倍晋三首相の昭恵夫人が著名人らと桜を背景に写真撮影したことを追及したばかりだった。

 杉尾氏は3月27日の参院予算委員会で、週刊誌報道をもとに「花見自粛要請のなか、昭恵夫人が花見をしている写真がネットにアップされた」などと問題視した。

 安倍首相は「(妻は)都内のレストランの敷地内の桜を背景に記念撮影したもので、公園で花見の宴会をした事実はない」と説明したが、杉尾氏は「レストランなら問題ないのか」などと食い下がった。

 こうしたなか、杉尾氏がFBで長野県千曲市の「あんずの里」について「今がちょうど見頃です」「これまで見た中では最高でした」などと投稿していた感想と花の写真が、《人に厳しく自分に甘い。許されない》《ブーメラン芸人》などと批判を受けた。杉尾氏は29日までに投稿を削除した。

 杉尾氏は30日、夕刊フジの取材に対し、「地元の田舎のあんず畑を散策し、咲く花をアップしただけだ。それで、FBが『国会議員を辞めさせる』などの脅しや挑発でひどく荒らされた。極めて心外に思い、削除した。屋外で、密集地でも都心でもなく、花見の宴会をやっていたのではない」と語った。

関連ニュース