記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】世界に「法治国家」アピール? 新型コロナ「告発の英雄」医師めぐる調査のウラ (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの感染拡大に苦しんできた湖北省武漢に日常が戻りつつある。すでに公共バスやタクシーが街を走り始めたと報じられた。

 4月8日には武漢市の封鎖も一部解除され、湖北省の健康管理システムのコードを有する者を対象に武漢市を離れることが許される。武漢を除く湖北省全体では、3月25日から同様に解除されてゆくという。

 眠っていた都市から再び全国が動き出す予感が広がり始めているが、一方で中国もずっと完全に機能停止していたわけではない。

 例えば、習近平の大好きな“反腐敗”だ。

 年が明けてから2月29日までの間、「8項目の規定」に違反して処分された公務員や準公務員の数は、2万4852人にも上っている。

 まさに新型コロナウイルスの感染拡大で全国が悲鳴をあげているのと同じ期間、1日415人のペースで処分が続けられていたことになる。かつての1日800人を超えるペースから下がったとはいえ驚異的だ。

 さて、その国家監察委員会(党中央規律検査委員会)の動きで最近、最も注目を集めたのが武漢で発生した謎の肺炎が拡大する問題をいち早く告発したことで訓戒処分を受けたとされる李文亮医師(後に新型コロナウイルスに感染し死亡)に対する処分が適正だったかを見極める調査だった。

 実は、新型コロナウイルスの問題で全国に動揺が広がっていた期間も、監察委は全国で4つの大掛かりな調査を手掛けていた。そのうち3つに関しては非常に早くに決着したのだが、李医師の問題だけが異例に長引いていたことがひそかに話題となっていたのである。

関連ニュース