記事詳細

【勝負師たちの系譜】ダブルタイトルマッチ終了 渡辺明三冠、若手相手の棋王戦と追い込まれた王将戦制す (2/2ページ)

 本田にとって今回は、渡辺の強さを感じただけのタイトル戦となったが、この経験は今後生きるに違いない。

 王将戦の方は、挑戦者の広瀬相手に2勝3敗と追い込まれた渡辺だったが、第6局を勝ち、佐渡での最終戦となった。佐渡は毎年王将戦を誘致しているが、1、2月は波が高く、船が欠航しやすいため、ない確率の高い最終局を引きうけている。

 今期はそれがズバリ当たった形で、一番注目される一局となった。

 最終局は渡辺が飛角をすべて渡した代わりに、相手の大駒を全部押し込んで均衡を保ち、最後に玉の硬さを生かして寄せ切って防衛した。

 渡辺にすれば両方のタイトル防衛で、4月から始まる名人挑戦に、弾みがついたことであろう。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース