記事詳細

ジョンソン英首相が入院 新型コロナ感染、予防的措置で検査と説明

 英首相官邸は5日、新型コロナウイルス感染が3月下旬に確認されたジョンソン英首相(55)が同日夕、検査のため入院したと発表した。病院名は公表していない。首相報道官は、ジョンソン氏は発熱などの症状が続いており、医師の勧めに従い「予防的措置」として入院を決めたと説明した。

 英政権の感染症対策に影響が出るのは必至になった。感染判明後に自主隔離に入ったジョンソン氏は隔離先から感染対策の指揮を執っていた。その間にもツイッターでメッセージ動画を投稿したり、首相官邸前に姿を見せたりしていたが、顔色が悪いとの声が出ていた。

 英メディアによると、6日に開く政府の感染症対策関連の会議はラーブ外相が代わりに仕切る。

 ジョンソン氏は発熱とせきの症状が3月26日に出たため検査を受け、陽性反応が出たと27日に公表。先進7カ国(G7)首脳で感染が判明した初のケースとなった。(共同)