記事詳細

「食べるものがなくなった」コロナ封鎖の北朝鮮で犯罪多発 (1/2ページ)

 米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の咸鏡北道(ハムギョンブクト)の情報筋によれば、北朝鮮が新型コロナウイルス対策として国境を封鎖し、1月末から中国との貿易ができなくなった影響で、日ごとに物価が上がり、住民に対する統制も厳しくなっているとして、衝撃的な事件が多発していると伝えた。

 2月末、清津では市党(朝鮮労働党清津市委員会)の幹部の息子を誘拐し、身代金を要求する誘拐事件が発生した。逮捕された容疑者は、製鉄所で働いていた40代の労働者の兄弟で、「家に食べるものがなくて誘拐を企てた」と述べたという。このように幹部やトンジュ(金主、新興富裕層)やその家族をターゲットにした犯罪が多発している。

 情報筋は「金持ちと貧乏人の対立と憎悪が徐々に激しくなり、自殺や拉致、強盗などの凶悪犯罪が以前になかったほど増えて、住民は不安に震えている」と殺伐とした北朝鮮国内の状況を伝えた。

 (参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

デイリーNKジャパン

関連ニュース