記事詳細

コロナ感染のジョンソン英首相、集中治療室に 病状「悪化」と報道官

 英首相官邸の報道官は6日声明を発表し、新型コロナウイルス感染が確認され、5日に入院したジョンソン首相(55)が集中治療室に移されたと明らかにした。病状が6日午後から「悪化」したため、医師の勧めで移ることを決めた。ジョンソン氏は、ラーブ外相に「必要に応じて」代行を務めるよう依頼した。

 ジョンソン氏は3月27日に感染を公表。先進7カ国(G7)首脳で感染が判明した初めてのケースとなった。感染後は首相公邸で自主隔離しながら感染症対策を指揮。しかし、発熱などの症状が続いたことから今月5日、医師の勧めでロンドン市内の病院に入院した。

 6日には入院先から「私は元気だ」などとツイッターに投稿。これまで隔離中は動画メッセージを投稿していたが、同日は動画を載せなかった。

 ジョンソン氏は隔離中も求心力を維持するために、感染症対策の会議を取り仕切るなどしてきた。入院を受け、職務を休み、回復に専念するべきだったのではないかとの指摘も出ている。(共同)

関連ニュース