記事詳細

【朝日新聞研究】“中国忖度”の「朝日新聞スクープ記事」 新型コロナ報道で“異例の取材”が許された訳 (1/2ページ)

 朝日新聞の2月23日朝刊の1面と2面に、新型コロナウイルスの中国での状況に関して、注目すべき記事が掲載された。

 まず1面カタの「未知の肺炎7人始まりだった」という見出しの、北京の西村大輔記者による記事は、「新型コロナウイルスの発生地である中国湖北省武漢市が『封鎖』されてから23日で1カ月が経つのを前に、最も早く感染者を受け入れた武漢の拠点病院『金銀潭病院』の張定宇院長(56)が朝日新聞の取材に応じた」ものだ。

 「取材は21日夕、SNSのビデオ通話で武漢にいる張院長と結んで行った。新型肺炎をめぐり、張院長が外国メディアの取材に応じるのは初めて。武漢の医療機関幹部が応じるのも極めて異例だ」とある。

 内容は、昨年12月29日に7人の患者が運び込まれてきたこと、1月上旬には診療体制を強化したこと、同月23日に武漢が封鎖されると、治療が一層困難になり、春節(1月25日)のころが極限状態だったこと、現時点ではピークに達したと考えていること、などが紹介されている。

 この記事に注目するのは、内容もさることながら「朝日新聞のスクープ記事」であることである。それは、張院長が外国メディアの取材に応じるのは初めてであり、武漢の医療機関の幹部が取材に応じるのも極めて異例だ、と述べられていることから、疑問の余地はない。

 朝日新聞はこの記事が自慢らしく、3月12日の新型コロナウイルス問題の別刷りの特別版にも、再掲載している。

 しかし、この記事は、朝日新聞にとって自慢できるものだろうか。

 異例な取材を許されたのは、中国の共産党独裁政権から「完全に安全なメディア」として、信頼されているからではないのか。一方で、中国外務省は同月18日、米主要3紙(ウォールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト)の米国人記者に対し、記者証返還を要求した。共産党政権にとって好ましくない記事を書いたようだ。

関連ニュース