記事詳細

新型コロナ、島根県で初の感染確認 松江市の女子高生、経路は不明

 島根県と松江市は9日、同市の県立松江工業高の女子生徒が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。同県内の感染確認は初めて。感染経路は不明という。

 生徒は3月19日から鼻水やのどの痛みなどの症状があり、同22日に発熱。医療機関を3度受診し、4月9日に陽性と判明した。生徒は定時制課程に通っており、症状が出てから通学した日もあった。仕事もしており、学校や勤務先での聞き取り調査などを実施し家族以外の濃厚接触者がいるかどうか確認を急ぐ。

 9日時点で感染者が出ていない自治体は岩手、鳥取両県だけとなった。