記事詳細

安倍首相、星野源とのコラボ動画投稿 「ズレまくっている」批判の声も

 安倍晋三首相の公式ツイッターが炎上している。新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、シンガー・ソングライター、星野源の楽曲に合わせて、外出自粛への協力を訴える動画を12日に投稿したところ、賛否両論の大反響となっているのだ。

 《かつての日常が失われた中でも、私たちは、SNSや電話を通じて、人と人とのつながりを感じることができます。いつかまた、きっと、みんなが集まって笑顔で語り合える時がやってくる。その明日を生み出すために、今日はうちで…》

 安倍首相は動画(56秒間)に合わせて、こう書き込んだ。ツイッターでは、星野が公表した楽曲「うちで踊ろう」を弾き語りする映像が画面の左半分で流れ、隣の右半分に、安倍首相が読書したり、愛犬とくつろぐ様子が投稿されていた。

 13日朝時点で35万件を超える「いいね」が押された一方、「この非常事態に」「ズレまくっている」などと批判的な書き込みも多かった。

 立憲民主党の蓮舫副代表は《ご本人のお考えだとすれば、なぜ誰も止めなかったのか。側近と言われる方々の発案だとすれば、『これはおかしい』と何故総理は言わなかったのか》と疑問視した。

 一方、無所属の細野豪志元環境相は《突っ込みどころは満載だが、ここで対立しても意味はない》《一日家で一人でいれば接触者はゼロ。これが医療従事者を守ることにつながる。私は呼び掛けを受け止めたい》とツイートした。

関連ニュース