記事詳細

中野江古田病院、92人“院内感染”の内幕 入院患者の家族が激白「2日に病院から連絡」も公表は7日 (1/2ページ)

 入院患者や医師、職員らの間で新型コロナウイルスの大規模なクラスター(感染者集団)が確認された中野江古田病院(東京都中野区)。同病院では通報を受けて今月1日に保健所が調査に入っていたが、外来診療と入院の受け入れを中止したのは5日、ホームページの公表は7日だった。院内で何が起きていたのか。家族が入院中の男性が内幕を明かした。

 院内では12日に87人の感染が確認された。今月上旬に確認された5人と合わせて、感染者は計92人にのぼる。

 小池百合子知事は13日、「大規模なクラスターになった。医療従事者をどのように守るかも課題なので、環境を改善したい」と語った。都によると、感染者の多くはまだ院内に滞在しているという。

 大規模な感染が発覚するまでの経緯について、家族が同病院に入院しているという男性は、夕刊フジの取材にこう語った。

 「4月2日には、担当医師から直接連絡があり、院内に感染者が確認されたと聞いた。さらに4日にはクラスター感染が発生した可能性があるとして、職員と患者全員に検査を行うという連絡もあった。『(入院中の家族は)心臓が大きくなっているため、もし感染すれば助からないと思います』とのことだった」

関連ニュース