記事詳細

議員秘書に衆院職員、議員家族も…国会にも新型コロナ感染拡大

 国会にも、新型コロナウイルスの感染が拡大してきた。衆院事務局は13日、自民党の鳩山二郎衆院議員(福岡6区)事務所の60代男性秘書と、事務局管理部に所属する50代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。東京・永田町の議員会館に勤務する秘書や、国会職員の感染判明は初めて。

 鳩山氏の秘書は5日夜から発熱し、10日にPCR検査を受けた。11日に陽性と確認されたため、議員事務所が13日に衆院事務局に届け出た。

 衆院職員は自動車課に所属。国民民主党の牧義夫衆院議員の運転手を専属で務めている。発熱や味覚異常の症状があったため、10日にPCR検査を受け入院。13日に陽性と判明した。

 関係者によると、寺田稔総務副大臣の公用車運転手や、衆院赤坂宿舎に居住する自民党議員の家族の感染も分かった。

関連ニュース