記事詳細

トランプ氏激怒!WHOに鉄槌! 中国べったりのテドロス氏にブチ切れ拠出金停止 中国は挑発…米中対立激化か (1/2ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領が、「中国ベッタリ」とされるテドロス・アダノム事務局長率いる世界保健機関(WHO)にブチ切れた。中国発の新型コロナウイルスをめぐる対応に失敗したとして、WHOへの拠出金を停止するよう指示したのだ。中国の軍事的挑発も重なり、トランプ氏の「WHO批判」「中国批判」は日に日に激しくなっている。米中対立はさらに激化しそうだ。

 「WHOが、中国の不透明性を指摘していれば感染拡大を封じ込め、死者も少なく抑え込むことができた」

 トランプ氏は14日の記者会見で、こう言って、拠出金停止を明言した。WHOが、新型コロナウイルスの初動対応に失敗し、隠蔽疑惑も指摘される中国に近い立場を取り続けることに、堪忍袋の緒が切れたようだ。

 米メディアによると、米国はWHOへの最大の資金拠出国で、2017年はWHOの年間予算の約4分の1に相当する約5億ドル(約544億円)を拠出している。

 米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、新型コロナウイルスによる死者は14日、世界全体で12万人を超えた。感染者は200万人に迫っている。中でも、米国は世界最多の死者数2万3000人超と、甚大な被害を受けている。

 トランプ氏は7日の記者会見でも、WHOによる新型コロナウイルスへの対応について、「非常に中国寄りだ」「WHOはいつも間違ってきた」などと痛烈に批判していた。

 怒りは中国にも向いている。中国外務省の報道官がツイッターで、《米軍が感染症を武漢市に持ち込んだのかもしれない》と投稿するなど、露骨な情報操作・責任回避の動きを見せたためだ。

関連ニュース