記事詳細

エフエム東京社員が新型コロナ感染 衆院議院運営委員会を傍聴取材

 エフエム東京は15日、報道情報センターに勤務する40代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。保健所は8日に発症したと認定した。比較的軽症という。社員は前日の7日、安倍晋三首相が緊急事態宣言に至った経緯を説明した衆院議院運営委員会を傍聴取材していた。

 同社によると、社員は3日にのどの痛みを訴え、病院で風邪と診断された。6日に勤務を再開したが、8日の勤務後に37・5度の熱がありPCR検査の結果、14日夜に陽性と判明した。9日から自宅療養中だという。

 首相は7日に官邸で記者会見を開いたが、社員は会見場には入らず、音声が聞こえる別の部屋で取材したとしている。

関連ニュース