記事詳細

米当局、2年前に武漢でのコロナウイルス研究について警告していた! 識者「中国の責任追及の証拠になる」

 2年前に警告はあった。米紙ワシントン・ポストは、米当局者が2018年に中国・武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所を訪問後、同研究所が行っていたコウモリのコロナウイルス研究の危険性に警鐘を鳴らす公電を米国務省に送っていたと伝えた。米トランプ政権内で注目されているという。武漢市の封鎖を解除した中国だが、まだまだ闇は深そうだ。

 同紙によると、在中国米大使館員らは18年1月に研究所を数回視察。「コウモリのコロナウイルスが人に感染し、SARS(重症急性呼吸器症候群)のような病気を引き起こす可能性を強く示唆している」と公電に明記されていた。安全上の懸念から、米政府に同研究所への追加の支援を要請したが実現しなかったという。

 ポンペオ国務長官は14日のテレビ番組で、事実関係の確認を避ける一方で、「中国共産党は、感染発生当初の必要な時に(研究所への)米国人のアクセスを許可しなかった」と強調し、対応の不透明性を批判した。

 中国政府は、新型コロナウイルスが同研究所から漏洩(ろうえい)した疑惑を強く否定している。米共和党の保守系議員などは研究所の関与を主張している。

 中国事情に詳しい評論家の石平氏は、「中国には研究所が発生源だった場合の大きな責任と、感染拡大当初の中国政府の情報隠蔽により、世界中にウイルスを拡大させた責任がある」とした上で、公電について「中国を追及する際に提示できる証拠の一つとなる可能性もある。国際社会は調査員を派遣するなどして研究所のチェックを求めるべきだ」と語った。

関連ニュース