記事詳細

新型コロナ“対中陰謀説”追及にフランスも参戦か!? マクロン大統領「私たちが知らないことが明らかにある」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)をめぐり、エマニュエル・マクロン大統領率いるフランスが、米国に続いて「中国・武漢の生物研究所から流出」「中国政府による情報隠蔽」といった疑惑の検証・追及に乗り出す可能性が出てきた。自国内で感染者や死者が多発しているからだ。フランスが誇る原子力空母「シャルル・ドゴール」の艦隊でも多数の感染者が確認されている。

 「起きていながら、私たちが知らないことが明らかにある」

 マクロン氏は、新型コロナウイルスの感染拡大についてこう語り、中国政府による情報隠蔽を示唆した。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が16日、インタビューを報じた。

 世界保健機関(WHO)のデータ(17日)によると、フランスの感染者は10万7778人、死者は1万7899人。欧州では、イタリア(同16万8941人、同2万2172人)や、スペイン(同18万2816人、同1万9130人)の被害に匹敵する。

 特に、フランスが誇る原子力空母「シャルル・ドゴール」を含む艦隊で感染が広がっていることは深刻だ。軍衛生部門幹部は17日、艦隊での感染確認は全約2300人の約4割に当たる940人に増加したことを明らかにした。

 シャルル・ドゴールは、全長261・5メートル、全幅64・4メートル、満載排水量4万3182トン。米海軍以外で唯一の原子力空母で、戦闘機「ラファールM」や、攻撃機「シュペルエタンダール」、早期警戒機「E-2Cホークアイ」などを搭載する。核兵器の運用も可能。同艦隊での感染拡大は、フランスや欧州の安全保障にも影響しそうだ。

関連ニュース