記事詳細

これが自粛状態!? 5・7解除不能…商店街は結局「いつもの大にぎわいですよ」 専門家「買い物は1人で!」 (1/2ページ)

 商店街の「3密」は大丈夫か。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受け、人との接触を「最低7割、極力8割」減らすことが求められている。東京都や大阪府など大都市圏のターミナル駅や繁華街では往来が大きく減る一方、混雑ぶりが指摘されているのが商店街だ。専門家は「買い物は1人で」「混雑していたら引き返すべきだ」と指摘する。

 都内有数の商店街、武蔵小山商店街パルム(品川区)は19日の昼下がり、全長800メートルのアーケードがマスク姿の買い物客で埋め尽くされた。現在、約200店舗のうち4割が休業、もしくは営業時間を短縮する中、スーパーは買い物客でにぎわった。買い物客の女性(45)は、「他の商店街と比べて多いとは思うけれど、周辺に住んでいる人が多いから仕方がない」と語った。

 同商店街事務局ではアーケードの屋根を1日2回開けて換気に努め、主催イベントも中止。担当者は「地元の利用者が多く、人出も生活に必要な限度にとどまっていると思う。できる範囲で対策を取る」とする。

 戸越銀座商店街(同区)も、人の姿が絶えなかった。商店街の公式サイトなどで「必要・お急ぎの用事以外での外出はお控え下さい。特に、観光等を目的とした商店街への来訪はお控えいただくようお願いしております」と呼びかけている。

 「近くの商店街は人があふれて3密の状態になっている。生活に必要な買い物も家族総出ではなく、必要最小限の人数でお願いしたい」。小池百合子都知事は19日公開した動画で、こう呼び掛けた。

関連ニュース