記事詳細

【高橋洋一 日本の解き方】ついに米が資金停止へ 中国に加担し台湾の警告は無視…問題だらけだったWHOの責任 (1/2ページ)

 トランプ米大統領は14日、世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するよう指示した。中国寄りとの指摘もあるWHOだが、今後のWHOの組織や運営にどのような影響を与えるのだろうか。

 新型コロナウイルスをめぐるWHOの行動は問題だらけだった。実は台湾は昨年末の時点でWHOに「中国の武漢で非定型の肺炎が少なくとも7例出ている。現地当局はSARS(重症急性呼吸器症候群)とはみられないとしているが、患者は隔離治療を受けている」とする文書を送っていた。

 しかし、WHOはこの文書を無視した。これは4月10日に米国務省がWHOについて「台湾から早期に受けた通知を国際社会に示さなかった」と批判していることを裏付けている。

 今年以降のWHOのテドロス事務局長の発言を追ってみよう。1月30日「中国政府は感染拡大防止に並外れた措置を取った。不必要な渡航制限を行うべきではない」、2月3日「各国が中国からの入国を制限するのはWHOの勧告に反する」、習近平国家主席が武漢を訪問し事態収束をアピールした翌日の3月11日「新型コロナウイルスはパンデミック(世界的大流行)だ」、同25日「我々は感染拡大を阻止する機会を逃した。行動すべき時期は1カ月か2カ月前だった」-。

 テドロス氏はWHO初のアフリカ人事務局長であるが、中国の後押しを受けての就任だった。エチオピアは中国からの多額な援助と投資を受けている国で、中国の戦略「一帯一路」のアフリカにおけるモデルとされている。

関連ニュース