記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】宗教施設の過密状態やっと解決 (1/2ページ)

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆さま!

 こちらロシアの隔離休暇も4週間目に入りましたが、この間わが国のコロナウイルス感染者も2万5000人を突破してしまいました。

 特にロシア全体の70%に達する感染者がいるモスクワでは、さらに厳しい隔離対策が取られており、すでに多くの病院が感染症患者に対応できる準備ができています。

 でも、軍人はあきらめていませんでした。彼らは5月9日にモスクワで行われる、75周年目の対独戦勝記念日のパレードの準備を始めていましたが、今回は延期になるようです。

 一方、統計によると私が暮らすエカテリンブルクは、ロシアの他の大都市と比べると自己分離を守る人の数が多くなかったようで、地元警察は理由なく外を出歩く人の監視をさらに強化しています。

 実際、私の知り合いは「市の中心部を歩いていたら警官に止められて外出書類不備で罰金を科された」と連絡してきました。

 しかし、厳しい隔離対策の中、先週から公共交通機関の運行も徐々に回復し始め、フラワーショップや美容院などにも、営業再開許可が下りています。ちなみに、美容院で許可されている作業はカットのみです。

 さらに、ロシアでも民間の研究所でコロナウイルス検査が可能になりました。検査価格はエカテリンブルクだと1890ルーブル(約2800円)で、検査解禁日には研究所の前に多くの検査待ち行列ができていました。

 そして、わたしたちが常々危険だと感じていた、宗教施設内で人々が過密状態になる問題もやっと解決しそうです。